横浜市こども植物園(撮影:2007年4月26日)


1)横浜市こども植物園は南区六ッ川の緑地にあり、児童遊園地などと隣接しています。


2)この場所は、栽培コムギの研究で名高い木原均博士の研究所跡地です。


3)整形式花壇。薔薇の花を期待していたのですが、いつごろ咲くのでしょう。


4)展示研修館の入口と温室の屋根。


5)温室の植物。これはサボテン科のサクラキリンです。


6)温室の植物。名札が見つかりませんでした。


7)温室の植物。これも名札が見つかりませんでした。


8)アスカイノデ。この株はシダ園から飛び出して竹園の脇に生えていました。


9)ダンチク。竹園ではなく、花木園にありました。


10)ハンカチノキ(花木園)。二枚の苞がハンカチを垂らしたように開いています。


11)スモークツリー(花木園)。


12)マルバシャリンバイ(花木園)。


13)メンデルのブドウ(果物園)。


14)ギョクエイの実(果物園)。ウメの一種です。


15)メタセコイアの並木。


16)環境活動支援センターの展示温室。センターは、植物園の向かい側にあります。


17)環境活動支援センターの栽培温室。


18)環境活動支援センターの建物。


19)オオムギでしょうか(センターの畑)。


20)コムギでしょうか(センターの畑)。


21)これもムギの一種でしょうか(センターの畑)。


22)チャンチン(センターのハーブ園)。中国原産のセンダン科の樹木です。


23)チャンチン。


24)アレカヤシ(センターの展示温室)。マダガスカル原産です。


◇HOME:グレゴリウス写真館