東海道神奈川宿(撮影:2008年1月15日)


1)京浜急行線の神奈川新町駅。駅の南東側に神奈川通東公園があります。


2)ここには長延寺があり、寺の前は神奈川宿の江戸方の入口でした。


●『長延寺跡(オランダ領事館跡)』説明板

「神奈川宿歴史の道」の起点である神奈川通東公園は、寛永八年(1631年)から昭和四十年までの330年余の間、浄土真宗長延寺が所在した場所である。長延寺は、開港当時、オランダ領事館に充てられた。当時を偲ぶ狂歌の一節に「沖の黒船歴史を変えて、オランダ領事は長延寺」とある。

昭和四十年の国道拡幅に伴う区画整理によって、長延寺は緑区に移転し、跡地は公園となった。今は、わずかに旧オランダ領事館跡を示す石碑を残すのみである。

●『土居(桝形)』説明板

江戸時代の宿場町の入り口には、しばしば桝形が造られた。本来、桝形は城郭の一の門と二の門の間の方形の地であるが、宿場町では街道の両側から土居を互い違いに突き出すだけの場合もある。

神奈川宿の江戸方の入り口の当たる長延寺前にも土居を互い違いに突き出した桝形があった。旧本陣の石井家に伝わる「神奈川宿土居絵図」には、街道両側に高さ2.5メートルほどの土居が築かれ、その上には75センチメートルほどの竹矢来を設けている。


3)神奈川通東公園を東の起点として「神奈川宿歴史の道」が整備されています。


4)能満寺の六地蔵。京浜急行線と第一京浜(国道15号線)の間を進みます。


5)神奈川小学校前の『絵図に見る神奈川宿』の壁画。


●『絵図にみる神奈川宿』説明板

神奈川宿は日本橋を出て三番目の宿場町。右の図は、江戸後期・幕府の道中奉行所が作った「東海道分間延絵図」のうち、神奈川宿の部分である。

図の中央には滝ノ橋が描かれ、この橋の東側に神奈川本陣、西側に青木本陣が見えている。右端は江戸側からの入口で、長延寺が描かれている。左端の街道が折れまがったあたりが台町であり、その崖下には神奈川湊が広がっている。

開港当時、この図に見られる多くの寺が、諸外国の領事館などにあてられた。


6)「神奈川宿歴史の道」の歩道には、こげ茶色のレンガタイルが敷かれています。


7)金蔵院。平安末期に創られた古刹で、徳川家康が庇護しました。


8)「神奈川宿歴史の道」には、松並木も作られています。


9)神奈川地区センター前に移設・復元された高札場。


10)成仏寺山門脇の『外国宣教師宿舎跡』の石碑。ヘボン博士も滞在。


11)慶運寺山門脇の『フランス領事館跡』の石碑。


12)滝の川に沿って南へ進むと、第一京浜の滝の橋へ出ます。本来の旧東海道です。


13)旧東海道は、第一京浜から右に折れて宮前商店街へ入り、ほぼ真西へ直進します。


14)洲崎神社。建久二年(1191年)、源頼朝が安房神社の霊を遷したと伝えます。


15)甚行寺山門と『フランス公使館跡』の石碑。


16)宮前商店街を抜けると、青木橋に出ます。


17)青木橋(三宝寺より)。京浜急行線の神奈川駅と宮前商店街の入口が見えます。


18)本覚寺と京浜急行線の神奈川駅(青木通歩道橋より)。


19)本覚寺山門と『アメリカ領事館跡』の石碑。


20)本覚寺山門脇の『横浜開港之首唱者岩瀬肥後守忠震顕彰碑』。


21)宮前商店街の入口前から台町の坂を望む。旧東海道は道路で分断されています。


22)台町の坂を上ります。


23)神奈川の台茶屋、料亭「滝川」。


24)神奈川の台茶屋、料亭「田中家」。


25)料亭「田中家」。


26)『神奈川台関門跡』の石碑。神奈川宿の上方の入口でした。


27)さらに進むと、坂が下りになり、上台橋が見えてきました。


28)上台橋の西側。「神奈川宿歴史の道」の西の起点となっています。


●『神奈川宿歴史の道』説明板

東海道五十三次の日本橋よりかぞえて三番目が神奈川宿である。この地名が県名や区名の由来であり、またここが近代都市横浜の母体でもあった。

上図は、江戸後期に幕府の道中奉行が作った『東海道分間延絵図』である。図中央に滝ノ橋、この橋の右側に神奈川本陣、左側に青木本陣が描かれている。右端は江戸側からの入口で長延寺が描かれ、左寄りの街道が折れ曲がった辺りが台町である。この上台橋は左端に当たる。台町の崖下には神奈川湊が広がっている。

かつてこの上台橋のあたりは、潮騒の聞こえる海辺の道であった。切り通しの道路ができるとともに、昭和五年ここに陸橋が架けられた。

この神奈川が一躍有名になったのは安政元年(1854年)の神奈川条約締結の舞台となってからである。その四年後に結ばれた日米通商条約では神奈川が開港場と決められた。開港当時、この図に見られる多くの寺が諸外国の領事館などに充てられた。

神奈川宿歴史の道はほぼこの図の範囲を対象とし、上台橋から神奈川通り東公園に至るおよそ四キロの道のりとなっている。


◇BACK:神奈川県の東海道宿【グレゴリウス写真館の目次】

◇HOME:グレゴリウス写真館