諸磯の隆起海岸・海外のスランプ構造・二町谷の漣痕(撮影:2008年5月7日)


1)神奈川県三浦市三崎町諸磯の特別養護老人ホーム「はまゆう荘」。


2)はまゆう荘の奥に『諸磯隆起海岸入口』の道標があります。


3)『国指定天然記念物、諸磯(もろいそ)の隆起海岸』の案内板。


4)「諸磯の隆起海岸」の露頭。

この崖の表面にみられる小穴の列は、穿孔貝の巣穴の跡で、堆積時期を異にするシルト岩質の地層の側面に、小規模のものを含めて六列ぐらい数えられる。

巣穴の多くは風化され、形はさまざまであるが、一般に下部の列のものほど、よく保存されている。

穿孔貝は、ほとんどがイシマテガイ(別名ヒミズガイ、三崎ではシミズガイと呼んでいる)で、波打ちぎわで岩をほり、巣穴をつくってその中で生活する。したがって、古い巣穴の跡があれば、これから過去の汀線の位置や高度を知ることができ、また、これによって、歴史上の大地震の間隔や隆起量などが推定される。

この崖の巣穴の跡は、この種の推定を試みるにあたって、その出発点となったもので、それぞれの列はいずれも、ある時代に汀線だったことを示している。そして列の数や巣穴の保存状態から、この場所が過去なん回かにわたって隆起したことを物語っており、歴史上の大地震を知る上で貴重な資料といえる。


5)穿孔貝の巣穴の列(諸磯の隆起海岸)。


6)穿孔貝の巣穴の列(諸磯の隆起海岸)。


7)はまゆう荘から北西に進むと、陸橋に出ます。


8)陸橋から海外町・白石町方面の海岸を望みます。


9)陸橋を渡って南へ折れ、坂を下って海外町へ向かいます。


10)『神奈川県指定天然記念物、海外(かいと)のスランプ構造』の案内板。


11)「海外のスランプ構造」の褶曲面。

三浦市海外町の海岸一帯に露出する三崎町砂岩シルト岩互層(三崎層)は、三浦層群最下部層で、地質年代が第三紀の海底で堆積した、主に灰白色のシルト岩と、黒色のスコリア質の凝灰岩や砂岩の互層からできています。

この崖の地層には、地質形成当時の環境を知る手がかりとなるスランプ構造がみられます。スランプ構造とは、未だ固まっていない堆積物が一時的に海底などの斜面をすべり下った結果生じた特異な堆積構造です。

この堆積構造を示す互層の形状は、上部は正常層の堆積面とほぼ並行しています。下底は、東から西に傾いたすべり面を境として、下位の正常層と接しています。このすべり面は露頭の西半部で正常層の堆積面と一致してくるため、東半部でのみ下位層の層理を高角度で切った形を示しています。崖面のスランプ構造には、軸面をわずかに東に傾けた一つの背斜(波状をあらわす地層の峰の部分)と、その東に続くごくゆるい向斜(波状をあらわす地層の谷の部分)からなる見事な波状に曲がった褶曲面がみとめられます。

このスランプ構造は、地層を構成するシルト岩やスコリア質の凝灰岩、砂岩等が未だ固まっていないコロイド状態にあった時、東から西に向かっての海底地すべりによって転位変形した結果生じたものと考えられ、典型的な褶曲型のスランプ構造といえます。地層堆積当時の堆積環境を知るうえで貴重です。


12)これも、スランプ構造でしょうか(石黒造船前の露頭)。


13)京浜急行バス「海外」停留所と、『三崎漁港(海外地区)』の表示板。


14)「海外のスランプ構造」の露頭。左下に褶曲が見えます。


15)海外地区から浜諸磯方面を望む。


16)穿孔貝の巣穴の列(海外地区の現在の汀線付近)。


17)海外地区の南に、トンビ山と呼ばれる小丘陵と三つの離れ岩があります。


18)話の都合で、いったんトンビ山の南、京浜急行バス「二町谷」停留所に出ます。


19)南側から見たトンビ山。手前の建物は、二町谷漁業協同組合です。


20)漁業協同組合の横にある『三崎漁港(白石地区)』の表示板。


21)トンビ山に続く離れ岩。ここで「漣痕」を観察します。


22)神奈川県指定天然記念物「二町谷の漣痕(れんこん)」。

この海岸一帯はスコリア質れき岩、砂岩、シルト岩などの第三紀層からできている。漣痕は砂岩やシルト岩によく保存されている。多くは断面のあらわれているもので、左右非対称の波模様が岩の表面に、みごとに画きだされている。

第三紀の中ごろ、海底に堆積した泥や砂が一定方向の底流で転動していた時、転動部分の表面に生じた小さなうずによって生成されたものである。これがそのまま地層の中に残され、その後の変動によって海面上に露出し、侵食された結果、現在のような形になったもので、流動漣痕といわれている。

よく保存された、みごとな形状は、当時における地層の堆積環境を知る上に貴重な資料といえる。


23)「二町谷の漣痕」。


24)穿孔貝の巣穴の列(白石地区の現在の汀線付近)。


25)帰路は、三崎漁港(本港)へ出ます。城ヶ島が見えます。


26)途中、歌舞島公園に観光案内板があったので、本日の復習をします。


◇BACK:神奈川県の地質【グレゴリウス写真館の目次】

◇HOME:グレゴリウス写真館