金沢動物園(撮影:2008年10月16日)


1)横浜市立金沢動物園は、金沢自然公園の中にあります。


2)入場すると、「なかよしトンネル」を通ります。


3)「わくわく広場」のそばに立つ標柱。「アフリカ区」から見学します。


●横浜市緑の協会『金沢動物園とは』

金沢動物園は横浜市の南部に位置し、ハイキングコースで繋がる円海山・北鎌倉近郊緑地保全区域やいくつかの市民の森に囲まれた緑豊かな金沢自然公園内にあり、世界の希少草食動物を中心に飼育しています。園内は、動物を生息地別にアメリカ区・ユーラシア区・オセアニア区・アフリカ区の四大陸に分け展示しています。その他、ポニー・ヤギ・ヒツジなど家畜のいるほのぼの広場や、カブトムシの森・バッタの広場があります。


4)モモイロペリカン(アフリカ区01)


5)ヒガシクロサイ(アフリカ区02)


6)アミメキリン(アフリカ区03)


7)アラビアオリックス(アフリカ区04)


8)ソマリノロバ(アフリカ区06)


9)「オセアニア区」のユーカリ。


10)コアラ(オセアニア区07)


11)ヒガシオオカンガルー(オセアニア区09)


12)アオバネワライカワセミ(オセアニア区12)


13)「アメリカ区」の見学路。


14)シロイワヤギ(アメリカ区19)


15)アメリカプロングホーン(アメリカ区18)


16)マーラ(アメリカ区16)


17)「ほのぼの広場」では、動物を間近に見ることができます。


18)オニカナダガン(ほのぼの広場21)


19)ポニー(ほのぼの広場22)


20)ヤギ(ほのぼの広場23)


21)ヒツジ(ほのぼの広場24)


22)「ユーラシア区」の標柱。


23)ローランドアノア(ユーラシア区25)


24)インドゾウ(ユーラシア区27)


25)ニホンカモシカ(ユーラシア区29)


26)スーチョワンバーラル(ユーラシア区30)


27)シロテナガザル(ユーラシア区31)


28)動物園の入口に戻ってきました。


前編「金沢自然公園」もご参照ください。


◇HOME:グレゴリウス写真館