亀ヶ谷坂(撮影:2009年1月20日)


建長寺前(神奈川県道21号線)

1)鎌倉市山ノ内、神奈川県道21号線(鎌倉街道)の長寿寺前から建長寺を望みます。

鎌倉七口のひとつ、亀ヶ谷坂は、山ノ内と扇ヶ谷を結びます。山ノ内では、雪ノ下から巨福呂坂を越えてきた鎌倉街道に合流します。扇ヶ谷では、化粧坂に接続します。

亀ヶ谷坂切通の入口

2)長寿寺の横の路地が、国指定史跡「亀ヶ谷坂」です。


長寿寺の本堂

3)長寿寺の本堂。


●長寿寺『略縁起』

当山は臨済宗建長寺派で、延文三年(1358年)、足利尊氏の菩提を弔う為、第四子基氏によって尊氏の邸跡に創建された。

「当時は七堂伽藍を備えた関東諸山第一位の寺」と古文書に記されている。境内奥に、尊氏の遺髪を埋葬したお墓がある。

因に、尊氏の法名を関西に於ては「等持院殿」、関東では「長寿寺殿」と称す。本堂内陣右側に尊氏坐像が祀られている。


長寿寺の庭園

4)長寿寺の庭園。長寿寺の拝観は制限されているらしいです。


亀ヶ谷坂

5)亀ヶ谷坂を登ります。


亀ヶ谷坂

6)かなり進んで振り返ると、まだ県道21号線まで見通せます。


亀ヶ谷坂

7)峠に差し掛かりました。


亀ヶ谷坂切通

8)峠の先に、切通の崖が見えます。

険しかった亀ヶ谷坂の道は、時代とともに掘り下げられ、現在は舗装されています。


亀ヶ谷坂切通

9)崖の横を降ります。


亀ヶ谷坂切通

10)下り坂が続きます。


亀ヶ谷坂切通

11)坂の下から、振り返ります。


亀ヶ谷坂

12)少し行くと、谷戸の住宅地に入り、道幅が広くなります。


岩船地蔵堂

13)あっけないですが、鎌倉市扇ヶ谷の岩船地蔵堂に着きました。

この場所は、古くから「亀ヶ谷辻」と呼ばれていました。


岩船地蔵堂の宝珠

14)最後に、岩船地蔵堂の頂上の宝珠です。


◇BACK:鎌倉の撮影地【グレゴリウス写真館の目次】

◇HOME:グレゴリウス写真館