名越切通(撮影:2009年2月2日)


久木新道バス停付近(神奈川県道311号線)

1)逗子側から出発します。逗子市久木、県道311号線の「久木新道」バス停付近です。

鎌倉七口のひとつ、名越切通は、相模国の鎌倉郡と三浦郡の境界に位置し、大町から逗子に至ります。そこから、葉山を経て、衣笠・浦賀方面や三崎方面へ通じます。


久木新道バス停(神奈川県道311号線)

2)「久木新道」バス停。ここから、亀ヶ岡団地方面へ向かう路地へ入ります。


亀ヶ谷団地の入口

3)坂道を登ります。


久木ハイランド入口付近(亀ヶ谷団地より)

4)亀ヶ岡団地から、久木ハイランド入口付近を見下ろします。


法性寺墓地と大切岸(亀ヶ岡団地より)

5)亀ヶ岡団地から、法性寺墓地と大切岸を望みます。


給水タンク(亀ヶ岡団地)

6)給水タンクの横を入ると、名越切通の逗子側の入口です。


名越切通の案内標識

7)『名越切通』の案内標識。


名越切通の逗子側入口

8)名越切通の逗子側の入口。


名越切通

9)入口を左に曲がると、切通が現れます。


名越切通

10)奥へ進みます。


やぐら(名越切通)

11)高い位置に、「やぐら」が並んでいます。


名越切通の説明板

12)神奈川県教育委員会『史跡、名越切通し』説明板

鎌倉幕府の基礎が一応確立すると、平時には交通の便をはかり、戦時には敵の侵入を防ぐため、七つの切通しが設けられた。名越の切通しは、比較的当時の姿をとどめており、逗子側からの登り路は数ヶ所で切岸の迫った部分を通らねばならず、天然の地形に人工を加えて防備の万全をはかったあとがみうけられる。


名越切通

13)名越切通の峠に差し掛かりました。


峠の石(名越切通)

14)峠の道の真ん中に、石が置かれています。


名越切通の標柱

15)峠にある、『国指定史跡、名越切通し』の標柱。


大切岸方面への道

16)峠から、「大切岸」方面への道が分岐しているので、寄り道します。


石廟(逗子市指定石造建造物)

17)道の途中に、逗子市指定の石造建造物「石廟」があります。


大切岸上の稜線の道

18)「大切岸」の上の稜線の道。


法性寺墓地と大切岸(大切岸上の稜線より)

19)稜線から、法性寺墓地と「大切岸」を見下ろします。


逗子市街(大切岸上の稜線より)

20)稜線から、逗子市街を望みます。JR横須賀線と県道311号線が見えます。


逗子市街(大切岸上の稜線より)

21)稜線から、逗子市街を望みます。前画面の右から続きます。


峠の石(名越切通)

22)峠へ戻って、鎌倉側から見た、道の真ん中の石です。


石段(名越切通)

23)峠から鎌倉側へ降って、振り返ります。こちらの道は、石段が続きます。


桟道(名越切通の鎌倉側入口)

24)樹林を抜けると、JR横須賀線沿いの崖の上の桟道へ出ます。


鎌倉市街(名越切通の鎌倉側入口より)

25)桟道から、JR横須賀線と鎌倉市街を見下ろします。

手前の踏切は「名越坂踏切」、その先のバスが通過中の踏切は県道311号線と交差する「名越踏切」です。左側の大きな屋根は、長勝寺です。


◇BACK:鎌倉の撮影地【グレゴリウス写真館の目次】

◇HOME:グレゴリウス写真館