ベイサイドエリア(撮影:2009年4月27日)

開国博Y150の開幕前日、ベイサイドエリアの会場へ行ってみました。


開国博Y150ベイサイドエリア案内板

1)「開国博Y150ベイサイドエリア」の案内板。

桜木町駅から、汽車道を通って、万国橋交差点へ向かいます。


開国博Y150ベイサイドエリア案内図

2)「開国博Y150ベイサイドエリア」の案内図。

三つの有料会場(青)と、四つの周遊会場(橙)があります。


はじまりの森(開国博Y150)

3)有料会場「はじまりの森」の入口。万国橋交差点の角にあります。


機械仕掛けのクモ(開国博Y150)

4)「はじまりの森」の「機械仕掛けのクモ」。


ドリームフロント(開国博Y150)

5)有料会場「ドリームフロント&スーパーハイビジョンシアター」の入口。


トゥモローパーク(開国博Y150)

6)有料会場「トゥモローパーク」の入口。


トゥモローパーク(開国博Y150)

7)「トゥモローパーク」の「未来シアター」と「アースバルーン」。


赤レンガ会場(開国博Y150)

8)「赤レンガ会場」。


赤レンガ会場(開国博Y150)

9)「赤レンガ会場」の「開国・開港の街」と「公式記念品ショップ」。


公式記念品ショップ(開国博Y150)

10)「公式記念品ショップ」。


公式記念品ショップ(開国博Y150)

11)「公式記念品ショップ」の店頭。


赤レンガ会場(開国博Y150)

12)「赤レンガ会場」の「ベイサイド市民協催」入口。


写真撮影(横浜赤レンガ倉庫)

13)横浜赤レンガ倉庫の前で、写真撮影が行なわれていました。


開国博Y150のバナーフラッグ

14)開国博Y150のバナーフラッグ。


工事中の象の鼻会場(開国博Y150)

15)工事中の「象の鼻会場」。6月2日にオープン予定です。


象の鼻防波堤と大さん橋ふ頭

16)手前に象の鼻防波堤、奥に大さん橋ふ頭を望みます。


大さん橋会場(開国博Y150)

17)「大さん橋会場」。


大さん橋会場(開国博Y150)

18)「大さん橋会場」の入口。

「横浜FUNEプロジェクト」と「ベイサイド市民協催」が開催されます。


大さん橋ふ頭のボードウォーク

19)大さん橋ふ頭のボードウォーク。


大さん橋ふ頭のボードウォーク

20)大さん橋ふ頭のボードウォーク。


工事中の象の鼻会場(開国博Y150)

21)大さん橋ふ頭から、「象の鼻会場」を望みます。


赤レンガ会場(開国博Y150)

22)大さん橋ふ頭から、「赤レンガ会場」を望みます。


横浜赤レンガ倉庫

23)大さん橋ふ頭から、横浜赤レンガ倉庫を望みます。


トゥモローパーク(開国博Y150)

24)大さん橋ふ頭から、「トゥモローパーク」を望みます。


横浜みなとみらい21中央地区

25)大さん橋ふ頭から、横浜みなとみらい21中央地区方面を望みます。


横浜ベイブリッジ

26)大さん橋ふ頭から、横浜ベイブリッジを望みます。


山下公園に係留された氷川丸

27)大さん橋ふ頭から、山下公園に係留された氷川丸を望みます。


山下公園の西口

28)大さん橋ふ頭から、「山下公園会場」の西口を望みます。


◇HOME:グレゴリウス写真館