山下公園(撮影:2009年4月27日)


山下公園と横浜マリンタワー

1)横浜市中区。大さん橋ふ頭から、山下公園を望みます。


山下公園に係留された氷川丸

2)前画面の左へ移動。山下公園に係留された氷川丸を望みます。


●横浜市『山下公園』

昭和五年(1930年)三月に開園した山下公園は、横浜の公園の中で一番知られているといってもよいでしょう。

関東大震災の復興事業として市内の瓦礫などを大正十四年(1925年)から四年がかりで埋立て、上部を良質な土で覆土して造成が行われ、公園の基本的な形ができあがりました。

当時は、現在の沈床花壇の部分が船溜まりになっており、現在も氷川丸の横にある小さな橋がそのなごりをとどめています。

開園五年後の昭和十年(1935年)三月には復興博覧会が行われ、その船溜まりでは鯨が泳ぎ、今でいうパビリオンが建ち並び、たいへんな賑わいを見せたそうです。

戦後は米軍に接収されましたが、昭和二十九年(1954年)から段階的に解除され、昭和三十六年(1961年)には再整備が完了し、ほぼ現在の姿となっています。

その後、昭和六十三年(1988年)に行われた横浜博覧会に合わせ、公園の東側に地下駐車場と上部の公園を整備しました。

人形の家の設計を行った坂倉設計の協力により、六つの大陸へのびる道をデザイン化した世界の広場と、バルセロナのグエル公園を想わせるカスケードのある楽しい大階段などが整備され、新しい魅力をつくっています。

山下公園には、数多くの記念碑などがありますが、代表的なものはサンディエゴ市から贈られた「水の守護神」、童謡で馴染みの深い「赤い靴はいてた女の子像」「かもめの水兵さんの歌碑」などです。

公園の西端には在日インド人協会から昭和十二年(1937年)に寄贈されたインド水塔があります。横浜市の四代目建築課長鷲巣昌氏により設計され、細部まで緻密なデザインのこのモニュメントは、横浜の近代建築として価値の高いものです。


インド水塔(山下公園)

3)公園西端の「インド水塔」。


海沿いの遊歩道(山下公園)

4)海沿いの遊歩道。


横浜みなとみらい21(山下公園より)

5)山下公園から、横浜みなとみらい21方面を望みます。


氷川丸(山下公園)

6)氷川丸。


氷川丸の説明板(山下公園)

7)『氷川丸』説明板。

氷川丸は、日本郵船のシアトル航路の新鋭船として1930年4月、三菱重工業横浜造船所で建造されました。

太平洋戦争中は病院船、戦後は引き上げ船等として従事の後、1953年7月、我国唯一の外航客船としてシアトル航路に再びデビューしました。本船は戦前戦後を通じて248回太平洋を横断しています。

1961年5月、横浜開港100年記念事業の一つとしてこの地に係留されて以来、マリンタワーと共に、山下公園の、そして横浜港のシンボルとして市民に親しまれています。


日米友好ガールスカウトの像(山下公園)

8)「日米友好ガールスカウトの像」。


日米友好ガールスカウトの像(山下公園)

9)「日米友好ガールスカウトの像」。


芝生広場(山下公園)

10)「芝生広場」。


赤い靴はいてた女の子像(山下公園)

11)「赤い靴はいてた女の子像」。


赤い靴はいてた女の子像(山下公園)

12)「赤い靴はいてた女の子像」。


西洋理髪発祥之地碑ZANGIRI(山下公園)

13)西洋理髪発祥之地碑「ZANGIRI」。


かもめの水兵さん歌碑(山下公園)

14)「かもめの水兵さん歌碑」。


リカルテ将軍記念碑(山下公園)

15)フィリピン協会『リカルテ将軍記念碑』

アルテミオ・リカルテは1866年10月20日、フィリピン共和国北イロコス州バタック町に生る。1896年、祖国独立のため挙兵、1915年「平和の鐘の鳴るまで祖国の土をふまず」と日本に亡命、横浜市山下町149に寓居す。

1943年、生涯の夢であった祖国の独立を見しも、80歳の高令と病気のため、1945年7月31日、北部ルソンの山中に於て波乱の一生を終る。

リカルテは真の愛国者であり、フィリピンの国家英雄であった。茲に記念碑を建て、この地を訪れる比国人にリカルテ亡命の地を示し、併せて日比親善の一助とす。


芝生広場と中央広場(山下公園)

16)「芝生広場」と「中央広場」。


水の守護神(山下公園)

17)「中央広場」の「水の守護神」。


水の守護神(山下公園)

18)「中央広場」の「水の守護神」。


沈床花壇(山下公園)

19)「沈床花壇」。公園の東側を望みます。


沈床花壇(山下公園)

20)「沈床花壇」。公園の西側を望みます。


日時計(山下公園)

21)「沈床花壇」の前にある日時計。


石のステージと水の階段(山下公園)

22)「石のステージ」と「水の階段」。


山下公園

23)「水の階段」の上にある「世界広場」から、公園の西側を望みます。


世界広場(山下公園)

24)公園東端の「世界広場」。


山下公園の東口

25)ポーリン橋から、公園の東口を望みます。奥は「世界広場」です。


青い目の人形像(横浜人形の家前)

26)「横浜人形の家」の前にある「青い目の人形像」。ポーリンさんです。


山下公園は、港の見える丘公園とペアで、かながわの公園50選の一つに選定されています。

写真96「港の見える丘公園」もご参照ください。


◇HOME:グレゴリウス写真館