鎌倉海浜公園(撮影:2009年6月2日)


滑川交差点(国道134号線)

1)滑川交差点。県道21号線(若宮大路)から国道134号線(湘南道路)へ入ります。


稲村ヶ崎

2)滑川交差点付近から、由比ヶ浜・坂ノ下・稲村ヶ崎を望みます。


●鎌倉市『鎌倉海浜公園』

鎌倉海浜公園は、由比ヶ浜・稲村ヶ崎の海岸線に面しており、鎌倉駅から南へ歩いて行けるところにあります。公園区域は、由比ガ浜地区(2.5ha)・坂ノ下地区(2.3ha)・稲村ガ崎地区(2.1ha)の三地区に別れています。

●鎌倉市公園協会『由比ガ浜地区』

由比ガ浜地区は東より、見晴らしの「築山のある広場」、くつろぎの「芝生の広場」、道路を隔てて、昔の江ノ電車両(愛称タンコロ)、体を動かせる「多目的広場」に分かれています。

海を望む公園として、沖でウィンドサーフィンを楽しむ人たちを見ながら、陽を浴びて日がな一日のんびりと過ごすことができます。また、海岸は夏のシーズン海水浴場としてにぎわいを見せます。


海浜公園前交差点(国道134号線)

3)国道134号線の海浜公園前交差点。由比ガ浜地区の中央の道路と交差します。


築山のある広場(鎌倉海浜公園)

4)由比ガ浜地区「築山のある広場」。


芝生の広場(鎌倉海浜公園)

5)由比ガ浜地区「芝生の広場」。


タンコロ(鎌倉海浜公園)

6)由比ガ浜地区、昔の江ノ電車両「タンコロ」。


●鎌倉市公園協会『タンコロ』

50年にわたって活躍した100型の江ノ電の車両で、鎌倉市に寄贈されたものです。「タンコロ」は愛称で、木の香りがする車両に乗り込み木製の座席に腰かけると、不思議な感覚に包まれることでしょう。屋外展示のため傷みやすいのが残念ですが、平成20年度に改修して少しきれいになりました。

タンコロは朝九時から夕方四時までは車両内部に入って見ることができます。車両内部の保全のため、雨天時は閉めています。


多目的広場(鎌倉海浜公園)

7)由比ガ浜地区「多目的広場」。


●鎌倉市公園協会『坂ノ下地区』

三角地と呼ばれている由比ガ浜から逗子方面の美しい海岸線を望む広場と、市営プールの前の広場があります。

海岸線を由比ガ浜から江ノ島方面に歩くと左側に見えてくるのが「三角地」でここからは由比ガ浜から材木座、逗子にいたるきれいな曲線を描く海岸線が一望できます。

三角地を過ぎ、稲村ガ崎の手前右側に市営プールがあり、その前の広場が「プール前公園」と呼ばれています。木陰で休息すると、心地よい潮風と遠く波の音が聞こえてくる気持ち良い休憩場所です。


三角地(鎌倉海浜公園)

8)由比ヶ浜から、坂ノ下地区「三角地」を望みます。


三角地(鎌倉海浜公園)

9)「三角地」の北端。


源実朝の歌碑(鎌倉海浜公園)

10)源実朝の歌碑。

世の中は/常にもがもな/渚漕ぐ/海人の小舟の/綱手かなしも
『小倉百人一首』第九十三番・鎌倉右大臣


三角地(鎌倉海浜公園)

11)「三角地」から、「プール前公園」の方向を望みます。


三角地(鎌倉海浜公園)

12)「三角地」の南端。


国道134号線(坂ノ下付近)

13)国道134号線沿いに、南へ進みます。


鎌倉市営プールの入口

14)市営プールの入口。


プール前公園(鎌倉海浜公園)

15)坂ノ下地区「プール前公園」の広場と、隣接する鎌倉パークホテル。


プール前公園(鎌倉海浜公園)

16)坂ノ下地区「プール前公園」の広場と、かおかおパンダさんの壁画。


かおかおパンダさんの壁画(鎌倉海浜公園)

17a)かおかおパンダさんの壁画。


かおかおパンダさんの壁画(鎌倉海浜公園)

17b)かおかおパンダさんの壁画。


かおかおパンダさんの壁画(鎌倉海浜公園)

17c)かおかおパンダさんの壁画。


●鎌倉市公園協会『稲村ガ崎地区』

坂ノ下を過ぎ、なだらかな上り坂の頂上辺り左側が有名な「稲村ガ崎」で、この2.1ヘクタールが海浜公園の稲村ガ崎地区となっています。

稲村ガ崎は、鎌倉幕府に攻め入った新田義貞の徒渉伝説の地として、また逗子開成中学生のボート遭難の碑があることでも知られています。

晴れた日には、南の沖に伊豆大島が望見でき、西には七里ガ浜・腰越・江ノ島が見渡されます。そして、その背後には富士山と伊豆の山々が連なって見え、写真愛好家の有名なスポットの一つともなっています。「かながわ景勝50選」に指定され、何と言っても、相模湾越しに伊豆の山並みに夕日が沈むシーンは絶景といえるでしょう。


稲村ヶ崎

18)坂ノ下側から見た、稲村ヶ崎と国道134号線。


国道134号線(稲村ヶ崎付近)

19)稲村ヶ崎付近から、坂ノ下方面を振り返ります。


レストランサンディッシュ(稲村ヶ崎)

20)公園の向いのレストラン。店名が「メイン」から「サンディッシュ」になりました。


稲村ヶ崎

21)七里ヶ浜側から見た、稲村ヶ崎。


稲村ヶ崎

22)公園の下の海岸。


稲村ヶ崎

23)公園の広場。


七里ヶ浜

24)稲村ヶ崎から、七里ヶ浜方面を望みます。


◇BACK:鎌倉の撮影地【グレゴリウス写真館の目次】

◇HOME:グレゴリウス写真館