湘南海岸公園(撮影:2009年6月26日)


藤沢市片瀬江の島観光案内所

1)国道134号線「片瀬江ノ島駅入口」交差点の南東、藤沢市片瀬江の島観光案内所。


湘南海岸公園の案内標識

2)観光案内所の少し先に、「県立湘南海岸公園」の案内標識があります。


●神奈川県・かながわの公園50選『湘南海岸公園』(平成四年選定)

江の島を眼前に延長1.8キロメートルの渚沿いのこの公園は昭和三十五年(1960年)の開設。当時としては規模といい、公園施設(鯨のマリンランド、海水プール、レストハウス、駐車場、太陽の広場など)といい、その斬新さは注目を浴びた。また公園整備手法として都市計画法による特許事業が導入され、今でいう民活導入もまた先駆的な取組みとして話題となった。

「東洋のマイアミ」ともよばれたこの公園も年を重ねた今、再度新しい構想のもと「湘南なぎさプラン」による再整備が進行中。それは園内を東部(センターゾーン)、中部(ひろばゾーン)、西部(海浜レクリエーションゾーン)に区分し、駐車場は地下方式にするなど、 湘南海岸の新しい海の拠点づくりが期待されている。


●湘南なぎさパーク『湘南海岸公園』より編集

片瀬西浜の境川から引地川にかけて広がる13.3ヘクタールの公園です。

東部の「新江ノ島水族館周辺エリア」は、江の島大橋に近い大型観光スポットが立ち並ぶエリア。水族館を見た後は、目の前の海岸で水遊びを楽しんではいかが。江の島や江ノ電の駅にも徒歩圏内です。

中部の「海風のテラス周辺エリア」は、公園中央に位置し、テラスや芝生広場が配置され、ゆったりとした空間が広がるエリア。夏は海の家が立ち並び、オフシーズンは人ごみを避けて潮騒を聞きながらの散策が楽しめます。

西部の「サーフビレッジ周辺エリア」は、一年を通してサーファーでにぎわうエリア。サーフビレッジを中心にした海岸では、ビーチバレーを始めとしたマリンスポーツイベントも開催されます。


海の詩像(片瀬漁港)

3)片瀬漁港へ寄道します。漁港入口にある「海の詩」像です。


片瀬漁港案内図

4)「片瀬漁港案内図」。

漁港両側の防波堤が、東プロムナード・西プロムナードとして整備されています。


西プロムナード(片瀬漁港)

5)片瀬漁港の西プロムナード。背後の丘陵は、江ノ島です。


湘南海岸公園遠望(1/4)

6)西プロムナードから、公園西部「サーフビレッジ周辺エリア」を望みます。

画面左端、黒く横に伸びるのは、引地川河口の堤防。画面中央より右寄り、マンション手前の蒲鉾型の建物がサーフビレッジです。以下、視点を右へ移動します。


湘南海岸公園遠望(2/4)

7)西プロムナードから、公園中部「海風のテラス周辺エリア」を望みます。

画面左側は、海の家と、芝生広場。画面中央、壇状に見える部分の左寄りが、海風のテラスです。


湘南海岸公園遠望(3/4)

8)西プロムナードから、公園中部と東部の中間を望みます。

海岸沿いの堤の背後に、公園の中部駐車場とバス駐車場があります。画面右端は、新江ノ島水族館の前から続く海の家の並びです。


湘南海岸公園遠望(4/4)

9)西プロムナードから、公園東部「新江ノ島水族館周辺エリア」を望みます。


新江ノ島水族館

10)公園東部、新江ノ島水族館。


新江ノ島水族館の入口

11)新江ノ島水族館の入口。手前は「クラゲ広場」です。


新江ノ島水族館の裏側

12)新江ノ島水族館の裏側、「うみがめ広場」と「なぎさの体験学習館」の入口。


うみがめ広場(湘南海岸公園)

13)金網越しに見た、「うみがめ広場」と「なぎさの体験学習館」。


ウミガメプール(湘南海岸公園)

14)「うみがめ広場」のウミガメプール。アオウミガメがいます。


新江ノ島水族館のイルカショースタジアム

15)西側から、新江ノ島水族館のイルカショースタジアムを望みます。


海風のテラス(湘南海岸公園)

16)公園中部、「海風のテラス」の標柱。背後の丘陵は、江ノ島です。


海風のテラス(湘南海岸公園)

17)「海風のテラス」。


海風のテラスと芝生広場(湘南海岸公園)

18)「海風のテラス」の西側に広がる「芝生広場」。


海風のテラス(湘南海岸公園)

19)「海風のテラス」の両翼は、ボードウォークになっています。


サーフビレッジと平和の像(湘南海岸公園)

20)公園西部、蒲鉾型の「サーフビレッジ」の建物と、「平和の像」。


ビーチバレーコート(湘南海岸公園)

21)「サーフビレッジ」の前の砂浜は、ビーチバレーのコートになっています。


サーフビレッジと水の広場(湘南海岸公園)

22)「サーフビレッジ」と「水の広場」。


サーフビレッジの入口(湘南海岸公園)

23)「サーフビレッジ」の入口。


●湘南なぎさパーク『サーフビレッジ』より編集

サーフビレッジは、海とのふれあいと理解を深める場として、また、ビーチスポーツやライフセービング活動等の支援拠点、一般来園者の利用拠点として開放されています。

館内には、公園管理事務所、多目的ホール、展示コーナー、コインロッカー、コインシャワーなどの施設があります。

バレーボール・サッカーボールの無料貸出も行なっています。


水の広場(湘南海岸公園)

24)「水の広場」。


水の広場(湘南海岸公園)

25)「水の広場」の噴水ノズル。


平和の像(湘南海岸公園)

26)「平和の像」。


潮風の広場(湘南海岸公園)

27)「潮風の広場」。「水の広場」から階段を降った窪地にあります。


マルバデイゴ(湘南海岸公園)

28)「潮風の広場」に咲く、マルバデイゴ(丸葉梯姑)の花。


湘南海岸公園は、辻堂海浜公園とペアで、神奈川の公園50選の一つに選定されています。

写真104「辻堂海浜公園」もご参照ください。


◇HOME:グレゴリウス写真館