相模原公園(撮影:2009年9月17日)


1)神奈川県相模原市下溝、県立相模原公園のクスノキゲート。


2)『県立相模原公園・市立相模原麻溝公園』案内板。


●神奈川県・かながわの公園50選『相模原公園』

平成四年秋、第九回全国都市緑化かながわフェアの会場として、隣接の相模原麻溝公園とともに、フェア期間中181万余人の人々の来園をみて、一躍有名となった。

その後、都市緑化の県央拠点施設の性格づけから都市緑化植物園としても運営され、身近な緑に関する啓蒙・普及・指導も行っている。

園内の主な施設は、かながわグリーンハウス(大温室、アトリウム、映像ホール)、緑の相談所、緑の街(各国の街かどモデル)、噴水広場(300メートル直線整形園)、イベント広場、芝生広場、森の木展望台、菖蒲田など。

中でも噴水広場は、その延長の長さや、段上の大噴水、左右両側の樹林、色とりどりに模様を描く連続花壇など、県下随一の規模。この広場の端のグリーンハウスには、植物や花が植えられているほか、多くの資料展示がある。


3)クスノキゲートを入ると、みんなの花壇があります。


4)クスノキゲートの奥の時計台と、緑の街の入口。


5)時計台。仕掛け時計になっています。


6)売店・公園茶屋「国界」

究極の鶏ガラスープが自慢のラーメン屋さんです。店内に24席、店外に16席(特にワンちゃん連れのお客様用)計40席を設けております。なお売店として、飲料水・お菓子・パン類・玩具・園芸品等の販売もいたします。


7)きらめきの流れを渡ります。


8)芝生広場。


9)森の木展望台。


10)『平成四年度全国都市緑化祭・秋篠宮殿下記念植樹のけやき』石碑。


11)芝生広場。


12)水無月橋を渡って、水無月園へ入ります。


13)水無月園の菖蒲田とあずま屋。


14)木道。


15)菖蒲田の横に立つダイサギ。


16)ダイサギ。人馴れしているようです。


17)芝生広場に戻り、イベント広場へ出ます。


18)イベント広場から奥へ進みます。


19)かながわグリーンハウス(大温室)の前へ出ます。


20)かながわグリーンハウスの前から、虹の花壇と噴水広場を望みます。


21)虹の花壇と噴水広場。


22)虹の花壇と噴水広場。


23)噴水広場のカルガモ。


24)噴水広場の段上から、虹の花壇とかながわグリーンハウスを望みます。


25)かながわグリーンハウス。画面左は、市立相模原麻溝公園の展望塔です。


26)かながわグリーンハウスの西側の芝生。


27)かながわグリーンハウスの南側。


28)市立相模原麻溝公園の展望塔から見た、県立相模原公園。


相模原公園は、相模原麻溝公園とペアで、かながわの公園50選の一つに選定されています。

写真109「相模原麻溝公園」もご参照ください。


◇HOME:グレゴリウス写真館