西丹沢の結晶片岩(撮影:2009年10月28日)


1)神奈川県足柄上郡山北町中川、県道76号線沿いの中川温泉入口。


2)信玄館。この建物の北側を進むと、中川川に架かる新湯ノ沢橋があります。


3)新湯ノ沢橋。この橋の下に、目的の結晶片岩(緑色片岩)の露頭があります。


●神奈川県立総合教育センター『西丹沢野外巡検』より

結晶片岩は、丹沢湖付近から中川温泉の北にかけて分布しています。ここで見られる結晶片岩はもともとは海底にたまった土砂や火山灰などが固まって出来た堆積岩でした。それらの岩石が、山地が隆起するときの強い圧力で押し潰され、鉱物が新しく生まれ変わって出来た岩石です。


4)新湯ノ沢橋の少し上流には、吊橋の湯ノ沢橋が架かっています。


5)湯ノ沢橋から見た、上流の河床です。結晶片岩が見えます。


6)湯ノ沢橋から見た、下流の河床と新湯ノ沢橋です。円磨された転石が目立ちます。


7)結晶片岩の露頭、神奈川県足柄上郡山北町中川(中川温泉新湯ノ沢橋下の河床)


8)結晶片岩の露頭、神奈川県足柄上郡山北町中川(中川温泉新湯ノ沢橋下の河床)


9)道を戻って、中川温泉入口付近から、中川川の下流を望みます。


10)中川温泉入口付近から、中川川の下流を望みます。


11)中川温泉入口付近から、中川川の下流を望みます。


12)前画面の左手前に、大きな露頭があります。この画面は、露頭の頂部です。


13)前画面の下へ移動。水平方向の層理ないし葉理のようなものが見えます。


14)前画面の下へ移動。丹沢層群の凝灰岩の露頭でしょうか。


15)前画面の下へ移動。露頭の底部です。崖錐が見えます。


16)中川温泉入口付近から、中川川の下流、丹沢湖の方向を望みます。


●生命の星・地球博物館『丹沢山地』(神奈川県オンライン資料室・総説)より

丹沢山地は、約2000万年前から600万年前(新生代新第三紀の中頃から終頃)に堆積した主に火山砕屑物(緑色凝灰岩)によってできた丹沢層群からなっている。

その丹沢層群の下部に花崗岩質マグマが貫入して、丹沢は東西の方向に伸びたドームのように隆起した。

隆起した丹沢は削剥され、現在その中心部の石英閃緑岩やトーナル岩が地表にあらわれ、白い岩肌を呈している。この花崗岩質マグマに接した丹沢層群の一部は、変成作用を受けて、石英閃緑岩やトーナル岩の北および東側にホルンフェルスが、南側に結晶片岩が生じている。


17)西丹沢自然教室『緑色片岩』屋外展示標本の説明シート


18)緑色片岩の研磨面(西丹沢自然教室の屋外展示標本)


19)西丹沢自然教室『ホルンフェルス』屋外展示標本の説明シート


20)ホルンフェルスの研磨面(西丹沢自然教室の屋外展示標本)


21)付録:中川川の上流、箱根屋沢の入口に架かる県道76号線の箱根橋。

橋より少し南に、結晶片岩とトーナル岩の接触部があるらしいです。そこから北では、結晶片岩に替わって、トーナル岩が現われます。


写真116「西丹沢のトーナル岩」もご参照ください。


◇BACK:神奈川県の地質【グレゴリウス写真館の目次】

◇HOME:グレゴリウス写真館