老名運動公園(撮影:2010年3月30日)


1)海老名運動公園は、海老名市社家・中新田にある市立公園です。


●神奈川県・かながわの公園50選『海老名運動公園』(平成四年)より要約

相模川左岸の平坦地に運動公園がある。主な施設は陸上競技場(サッカー・ラグビー兼用)、野球場、テニスコート、 総合体育館、屋内プールで、野外の施設には全て夜間照明がついている。

園内の緑化も十分行われ、芝生広場、疎林広場、冒険広場、多目的広場など濃い緑に包まれている。中央のプロムナードを歩けば富士山や丹沢の山々を眺めることができる。


2)公園の中央入口から、圏央道と富士山を望みます。


3)中央入口の奥は、多目的広場になっています。


4)多目的広場の北に、陸上競技場があります。


5)陸上競技場。


6)陸上競技場。


7)陸上競技場の北に、総合体育館があります。


8)総合体育館。


9)総合体育館の横に、冒険広場があります。


10)冒険広場。


11)屋内プール。


12)プール横芝生広場。


13)プール横芝生広場から南へ戻ると、園路の反対側に芝生広場があります。


14)芝生広場。


15)園路とテニスコート。


16)テニスのクラブハウス。中央入口の横にあります。


17)中央入口の南は疎林広場になっています。


18)陸上競技場と多目的広場の南に、野球場があります。


19)野球場。


20)公園の南端は、野外炉(バーベキュー場)になっています。


21)野外炉(バーベキュー場)。


22)周辺探訪:圏央道が開通しました。

首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の海老名ジャンクションから、海老名インターチェンジまでの間(延長1.9キロメートル)が2010年2月27日に開通しました。

今回の区間は、神奈川県内で初となる圏央道の開通であり、東名高速道路から中央自動車道までの一部区間となります。また、圏央道開通と同時に東名高速道路から圏央道への専用連絡路も開通しました。


23)周辺探訪:海老名ジャンクション付近です。


24)周辺探訪:海老名運動公園西側の相模川河川敷です。


25)周辺探訪:海老名運動公園の西側から相模川の上流を望みます。


26)周辺探訪:海老名運動公園の西側から、相模川の対岸を望みます。


◇HOME:グレゴリウス写真館