道保川公園(撮影:2010年6月10日)


1)相模原市中央区上溝、道保川公園の南口。


2)『道保川公園案内図』(園内掲示を修整)。


●神奈川県・かながわの公園50選『道保川公園』(平成四年)より

相模川の河岸段丘から湧き出る道保川の水源を保全し、良好な横山丘陵の自然も保全しながら市民が自然とのふれあいの場として活用している公園。

園内は、四つのゾーンに分かれている。野鳥観察(さえずりの沢)、山野草観察(こもれびの沢)、森林生態観察(双子沢)、水生動植物観察(流れ、池)の各ゾーン。

園内の施設は最小限に止め、管理棟、トイレ、木橋、自然散策路、野鳥観察小屋がある。開園時間も季節で若干の違いがあるが、朝からタ刻までとなっている。また、休日の翌日は休園となる。

野鳥は全園で約60種が見られ、森林には竹林、クヌギ、コナラ、シラカシ、クリなど。夏には、セミ、クワガタ、カナブンなど。水辺では、セリ、クレソン、ガマ、ドジョウ、メダカなどが見られる。


3)水鳥の池の小島と巣箱。水生動植物観察ゾーンの南端です。


4)水鳥の池のデッキ。


5)水鳥の池のデッキと木橋。


6)水鳥の池の木橋。


7)『双子沢』案内標識。森林生態観察ゾーンです。


8)双子沢の木道。


9)双子沢の木道。


10)双子沢の四阿。


11)『こもれびの沢』案内標識。山野草観察ゾーンです。


12)こもれびの沢。


13)『さえずりの沢』案内標識。野鳥観察ゾーンです。


14)さえずりの沢。奥に野鳥観察小屋があります。


15)『林間広場』案内標識。


16)林間広場。


17)水鳥の池へ戻り、水生動植物観察ゾーンに沿って上流方向の北へ進みます。


18)水鳥の池の上流。


19)水鳥の池の上流。


20)水鳥の池の上流。


21)水鳥の池の上流。


22)公園北口のアジサイ。


◇HOME:グレゴリウス写真館