ウェブログ(2011年)


◇NEXT:ウェブログ(2012年)


■講座を掲載(2011年12月17日)

講座73「局部銀河群」を掲載しました。

局部銀河群とは、地球の所属する天の川銀河が所属する銀河群のことです。この用語は、アメリカ合衆国の天文学者エドウィン・ハッブルが、1936年に発刊された著書のなかで提唱しました。同時にハッブルは、銀河群のメンバーないしその候補として十二の銀河をあげました。


■講座を掲載(2011年12月10日)

講座72「銀河の形態分類」を掲載しました。

ハッブル分類は、銀河をその形態によって分類する方法です。アメリカ合衆国の天文学者エドウィン・ハッブルが、自身による観測結果から、1926年に提唱しました。大きく分けると、楕円銀河、レンズ状銀河、渦巻銀河、棒渦巻銀河と、どれにも当てはまらない不規則銀河があります。


■講座を掲載(2011年11月25日)

講座71「恒星進化論」を掲載しました。

恒星は時間経過(進化)の各段階で、核融合する元素を変化させます。最初は水素をヘリウムに変換します。重い恒星は順次、原子番号の大きな元素を使うようになり、その過程で収縮と膨張を繰り返します。そして最後には、質量に応じて定まった命運を辿ります。


■講座を掲載(2011年11月2日)

講座70「ソテツとイチョウ」を掲載しました。

ソテツとイチョウは共に、現生の種子植物の中では最も原始的な性質を残した裸子植物として知られます。祖先は古生代末にシダ種子植物から分化し、中生代に繁栄しました。中生代末になると裸子植物は、被子植物にその地位を取って代わられます。


■講座を掲載(2011年10月25日)

講座69「トクサとロボク」を掲載しました。

トクサ類は、最近の分子系統学によれば、シダ植物門に属します。トクサやスギナを含む現生のトクサ科と、石炭紀に栄えた化石植物であるロボクを含むロボク科があります。トクサは、生きている化石の一つに数えられます。


■講座を掲載(2011年10月18日)

講座68「オウムガイ」を掲載しました。

オウムガイは、螺旋状の貝殻に納まった頭足類です。その祖先は、アンモナイト、イカ、タコに先行して古生代オルドビス紀(五億~四億五千万年前頃)に誕生し、それからほとんど進化していないとされます。


■講座を掲載(2011年10月10日)

講座67「ハチドリ」を掲載しました。

ハチドリは、鳥類の中で最も体が小さいグループです。ホバリングで空中に静止しながら、花の中にクチバシをさしこみ、蜜を吸います。その動作は、昆虫であるスズメガと酷似します。


■講座を掲載(2011年10月2日)

講座66「バオバブ」を掲載しました。

バオバブは、乾季と雨季のある熱帯に分布する植物です。アフリカに一種、マダガスカルに六種、オーストラリアに一種の原生種が存在します。乾季になると葉を落として休眠し、徳利状の幹に貯えた水分で生き延びます。


■講座を掲載(2011年9月24日)

講座65「ペンギン」を掲載しました。

ペンギンは、おもに南半球に分布する海鳥です。独特の体型は泳ぐことに特化しており、飛ぶことはできません。ペンギンは大型化によって寒冷地に適応したと考えられ、最大種のコウテイペンギンは厳冬の南極で子育てをします。


■講座を掲載(2011年9月12日)

講座64「サメとエイ」を掲載しました。

サメの起源は、約四億年前の古生代デボン紀に遡ります。中生代になると、現代型のサメの原型ができあがり、一部のサメは底生生活に適応してエイに進化します。


■講座を掲載(2011年9月2日)

講座63「クラゲ」を掲載しました。

クラゲは、サンゴやイソギンチャクと共に、刺胞動物(しほうどうぶつ)門に属する動物です。海綿動物に次ぐ、原始的な動物と考えられます。


■講座を掲載(2011年8月24日)

講座62「メディチ家」を掲載しました。

メディチ家は、ルネサンス期にイタリアの都市フィレンツェにおいて銀行家、政治家として台頭し、フィレンツェの実質的な支配者として君臨し、後にトスカーナ大公国の君主となった一族です。


■講座を掲載(2011年8月13日)

講座61「ボルジア家」を掲載しました。

ボルジア家は、スペインのバレンシアを発祥地とする貴族の家系です。 十五世紀後半に二人の教皇、カリストゥス三世とアレクサンデル六世を輩出することにより、イタリアにおいて権力と領土を獲得します。


 

■講座を掲載(2011年7月27日)

講座60「太陽神ヘリオス」を掲載しました。

ヘリオスは、ギリシア神話における太陽神です。毎日、四頭の馬が曳く戦車に乗って大地の果ての外洋(オケアノス)へ向かい、毎夜、内海を渡航して東に戻ります。


■講座を掲載(2011年7月20日)

講座59「太陽神スーリヤ」を掲載しました。

スーリヤは、インド神話における太陽神です。七頭の馬が曳く戦車に乗って、天空を翔ります。


■講座を掲載(2011年7月12日)

講座58「バラモン教の神々」を掲載しました。

雷神インドラ、火神アグニ、水神ヴァルナなど、バラモン教の主要な八柱の神々について概観します。これら八柱の神々は、後のヒンドゥー教の時代になると、世界を守護するローカパーラ(護世八方天)とされます。


■講座を掲載(2011年7月5日)

講座57「ヒンドゥー教の三大神」を掲載しました。

近世ヒンドゥー教の「三神一体論(トリムルティ)」と呼ばれる教義では、創造神ブラフマー、維持神ヴィシュヌ、破壊神シヴァを三大神とし、三大神は一体をなすとされます。


■講座を掲載(2011年6月28日)

講座56「デルポイの神託」を掲載しました。

デルポイの神託とは、デルポイのアポロン神殿において、女性司祭ピュティアが告げた神託です。紀元前八世紀頃から紀元後四世紀まで、千年以上にわたってギリシア世界において最も権威のある神託として名声を博します。


■講座を掲載(2011年6月20日)

講座55「シビュラ」を掲載しました。

シビュラとは、古代の地中海世界において、神託を司った女性預言者です。 紀元前一世紀のローマの歴史家ウァロは、地域名を冠した十人のシビュラを列挙しています。


■講座を掲載(2011年6月6日)

講座54「パンドラ」を掲載しました。

パンドラは、ギリシャ神話において、人類最初の女性とされます。プロメテウスが天界から火を盗んで人類に与えたことに対する報復として、ゼウスの命令によって造られ、人類の災いとして地上に送り込まれます。


■講座を掲載(2011年5月29日)

講座53「スイレンとハス」を掲載しました。

スイレン科とハス科はともに、被子植物門・双子葉植物綱・スイレン目に属すると考えられていました。しかし、近年の分子系統学的研究から、スイレンとハスは全く系統が異なることが明らかになってきました。


■講座を掲載(2011年5月17日)

講座51「前九年の役」と講座52「後三年の役」を掲載しました。

十一世紀の東北地方には、陸奥国に安倍氏、出羽国に清原氏という土着豪族の二大勢力が存在していました。前九年の役では、安倍氏が源頼義によって滅ぼされます。後三年の役では、清原氏が源義家によって滅ぼされます。


■講座を掲載(2011年4月30日)

講座48「芥川」、講座49「狩の使」、講座50「渚の院」を掲載しました。伊勢物語のシリーズです。


■漫画を改定(2011年4月18日)

漫画28「地獄の夢」を改定しました。


■漫画を改定(2011年4月17日)

漫画29「タイム・スリップ」を改定しました。


■漫画を改定(2011年4月16日)

漫画30「器くらべ」を改定しました。


■漫画を改定(2011年4月14日)

漫画31「異郷からの帰還」と漫画32「戦場からの帰還」を改定しました。


■漫画を改定(2011年4月8日)

漫画27「おそろしき物の歌」を改定しました。


■漫画を掲載(2011年3月29日)

漫画46「タイムマシン」と漫画47「古代生物」を掲載しました。イラストレーターのブレンド機能を使用してみました。


■漫画を掲載(2011年3月23日)

漫画45「星の一生」を掲載しました。怪しい天文学です。


■漫画を掲載(2011年3月23日)

漫画44「慰安旅行」を掲載しました。イラストレーターのシンボルスプレーツールを使用してみました。


■漫画を掲載(2011年3月19日)

漫画42「視察飛行」と、漫画43「偵察飛行」を掲載しました。イラストレーターの3D効果「押し出し」と「回転体」を使用してみました。


■漫画を掲載(2011年3月13日)

漫画41「パースペクティブ」を掲載しました。イラストレーターの遠近グリッドを使用してみました。


■スライドショーを掲載(2011年2月25日)

新メニュー「グレゴリウス小劇場」に以下を掲載しました。

スライドショー08「秋谷の立石
スライドショー09「長者ヶ崎
スライドショー10「長柄桜山古墳群

前回掲載したのと同様のパノラマです。


■スライドショーを掲載(2011年2月22日)

新メニュー「グレゴリウス小劇場」に以下を掲載しました。

スライドショー05「江ノ島と富士山
スライドショー06「鎌倉坂ノ下
スライドショー07「石垣山と箱根路

以前に撮影した写真をフォトショップで自動パノラマ合成してみました。


■アニメーションを掲載(2011年2月1日)

新メニュー「グレゴリウス小劇場」に以下を掲載しました。

アニメーション07「耐久試験
アニメーション08「浮上試験
アニメーション09「旋回試験


■アニメーションを掲載(2011年1月24日)

新メニュー「グレゴリウス小劇場」に以下を掲載しました。

アニメーション04「放課後
アニメーション05「超新星爆発
アニメーション06「歩行試験


■スライドショーを掲載(2011年1月18日)

新メニュー「グレゴリウス小劇場」に以下を掲載しました。

スライドショー02「ころころ広場
スライドショー03「スマトラトラ
スライドショー04「アカカワイノシシ


■新メニューの開設(2011年1月17日)

新メニュー「グレゴリウス小劇場」を開設しました。

最初のコンテンツ:
アニメーション01「浮かび上がる泡
アニメーション02「マウスで反転するタイル
アニメーション03「クリオネ
スライドショー01「地福寺の梅


■サイト・デザイン(2011年1月15日)

アニメーションやスライドショーのための「グレゴリウス小劇場」を計画中です。これに先行して、トップページを改定しました。


■サイト・デザイン(2011年1月3日)

サイト開設以来、ページ全体を画面左端に配置する古典的デザインのまま過ごしてきましたが、このたび、中央配置に改め、画面背景色を設定しました。


◇PREV:ウェブログ(2010年)

◇GOTO:ウェブログ(2009年)

◇G0TO:ウェブログ(2008年)

◇GOTO:ウェブログ(2007年)


◇HOME:グレゴリウス工房(写真館・漫画・講座)